実家がね。

昔から、父の転勤の都合で引っ越しが多い我が家でしたが、
出ては戻り、出ては戻りで最近までは私が生まれた埼玉の街に住んでいました。

都内からもそんなに時間はかからないので、私もちょくちょく帰っていました。
けれど、子供達もとっくに家を出て、祖父母ももう他界しているため、
ここらでいっちょ、別の所に住んでみようとうちの両親は考えたようです。

最初はビックリしましたが、うちの両親らしいなあとも


とは言え、やはりあの家が我が家ではなくなるのはやっぱり寂しいものです。

と、言うことである晴れた四月の週末。引っ越しの前日に帰省してきました!
IMG_0198

良い所なんですよ〜。
マンションがたーくさん集まった緑がいっぱいの住宅地。



そして、声を張り上げて練習をしていた部屋とか、お気に入りだった照明とか
IMG_0129IMG_0118

引っ越し前の雰囲気に何かソワソワする愛猫のランちゃんとか、
BlogPaint

バシバシと写真を撮りまくってきました。


そして何より忘れちゃいけない、近所の商店街の和牛メンチカツ!!!
もお、本当に美味しいの!!!
タマネギたっぷり、肉汁ジュワーでほんのり甘くてソースはいらない。
コロッケと一緒に、あがってるの全部買い占めてきました。
BlogPaint



皆さんにとって、故郷ってどんな場所ですか?

私は昔から色んな場所を転々としているので、唯一無二の大切な場所・故郷を持っている人の話を聞くと羨ましくなります。
でもそのかわり私には、故郷が沢山あるんだなって思います。
それぞれが懐かしいし、また行きたいって思わせてくれる場所。

でもだいたい住んでる時は良い場所だなあ、なんて別に思わないんですよね

学生時代に寮生活を二年間だけしていたことがあって、そのころはその場所があまり好きではありませんでした。いや、嫌いだったかも・・・。
友達との生活は楽しかったけれど、その生活から抜け出したい。家に帰りたいとばかり考えていました。

でも今は、その頃の友達と合うたびに、またいつか皆で一緒に行こうね。って、そんな話ばかりしています。
ゲンキンなもんです。

でもそう考えると、今自分が立っているこの場所も、土地だけじゃなく環境や状況もひっくるめて何だか愛おしいものに思えてきます。
10年後、20年後、もっともっと先の自分は、「今」をどんな風に思い出すんだろうって考えると何だか面白くないですか?
まあ、生きていればの話ですが。
あはん。

長生きするためにも、先ずは自分の酒量の限界を見極めて、二日酔いになるのを抑えることから始めたいと思いますが、暖かくなってきて気分ウキウキなのでそれも難しそうです。

世の中はゴールデンウィーク。
帰省はしなくても、故郷のお酒や名産品をゆっくり楽しんでみる休日なんてのも、オツではないでしょうか。
んでは。